Bloog

色んなことの感想を書いている日記ブログです。

思うこと

歴史の真実って何なんだろう

投稿日:2013年11月26日

最近思うことの一つだけど「正しい歴史・真実を伝えなければならない」というのはもちろん大切なことだ。

それは当然そうなんだけど、"正しい歴史"って何なんだろう。

僕は歴史が大好きで、歴史能力検定も取得するほど、歴史という学問にのめりこんだ。

だけど、そこにある歴史は正しいとは限らない。

日本の歴史書に記されていることと、他国の歴史書で記されていることは違う。

ではどちらかが虚なのだろうか?

そんなことはない。

どちらも儚げなのだ。

「この国ではこう伝わっていてこれが正しい、他の国で伝わっていることはウソだ!」

例を挙げるならば日本と韓国でこの論争が続いている。

これは日本と韓国だけではなく、世界の様々な国で結び付けることができる。

そんなわけは無い。

これは僕の歴史に対する考え方だけど、歴史の楽しみとは情報を抜粋して独自の歴史を作り上げることではない...と考えている。

ある事象に対してこの国ではこう伝わっている、では他の側面から見るとどうなのか、では他の国ではどう伝わっているのか、その背景は…全体をひっくるめてこその歴史だ。

学問として"知る"のではなく、まるで河川敷で冷たい風を浴びるような...空間と時間の流れを感じることが本当に楽しい...だから僕は歴史が大好き。

しかし、一概にはそうとは言えない。

所詮文献でその時代を生きたわけでもない、その時代に存在したであろうものに触れることがやっとだ。

一人ひとりが持つ歴史の認識、それもまた歴史になる。

もしかすると全てが違っているかもしれない...実に危うい、これが歴史の楽しさの醍醐味だ。

結局、『正しい歴史』とは人それぞれ異なるものなのだと思う。

-思うこと
-, ,

Copyright© Bloog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.