Bloog

色んなことの感想を書いている日記ブログです。

日記

僕がホワイト企業をやめた理由

投稿日:2015年10月13日

僕がホワイト企業をやめた理由

とても労働環境のよいホワイト企業、見る人によればこれ以上ない環境だったとは思います。

だけど、そんな会社をやめてしまいました。

その理由を書いていきます。

ホワイト企業をやめた理由

ブラック企業などが騒がれる中、ホワイト企業に憧れを持つ人はとても多いと思います。

台風でも出勤、休日が少ない、給料安い…そんなブラック企業が存在する中、幸運にもホワイト企業に就けました。

初年収は年収400万円で年々増加(30歳で600万超えの先輩も)、年間休日130日、災害の際はリモートワークに、残業月1時間以下、平均年齢30後半で性格の荒い人もいなくて落ち着いている…

苦しんでいる人から見ると、すごく良い条件だと思います。

そんな環境でも1ヶ月でやめてしまいました。

自由さと自分の能力と不釣合い

求められるスキルがとても高い職場でした。

かといって成果が出なくても責められることなく、とても優しく接してくれました。

あれこれ指示されることもなく、休憩もトイレも自由に取ることが出来ました。

喫煙する人、飲酒する人もゼロで、飲み会も一切なし、みんなで食事をする場合はお昼にレストランで…と僕に居心地がよかったのは事実です。

食事も全部おごって頂きました(これが苦痛でした…奢られるのが苦手です)

そして自主的にスキルを伸ばし、学習し、成果を出していく方針でした。

要するに、僕に対して不釣合いな職場だったと思います。

価値観の相違

まだ設立して10年未満の会社でしたが、最初は知り合い同士で作ったそうです。

代表始め皆、有名大学出(早稲田とか)…僕はなんだかんだで高卒ですからね~

学んできたもの、10代後半~20代前半に見てきたものがまるで違います。

僕は今22歳(もうすぐ23歳~)ですが、なんかずっと何かから怯えるように逃げ続けてきた気がします(笑)

とてもフレンドリーに接して頂き、僕もとても楽しく会話させて頂きましたが、やっぱり何かが違うな~と思いました。

通勤

オフィスが自宅から自転車→電車→バス…と乗り継ぎがありました。

通勤時間も80分ほどでした。

僕は根本的に通学・通勤が苦手なタイプで、小学校~高校まで全部自宅から15分圏内でした。

まだ近いほうだと思いますが…それも辛かったです;;

残業はありませんが、業務が終わってバスに乗ったとき「これ何年も続けるのは無理だ」と思いました。

自己中心的

業務中も、頭の中には家に帰って何をするか…でいっぱいでした。

やりたいことが多すぎて、かつなまじ自分でお金を稼ぐことは出来るのでどんな事業をしようか…とあれこれ考えてしまいます。

通勤で往復3時間ほどに8時間の業務に1時間の休憩…約12時間は外出していることになるので、自分の時間が作れなかったのがとても苦痛に感じました。

要するに僕は自己中心的すぎるんですね。

まとめ

まとめると…僕の理由は"わがまま"ですね。

とても素晴らしい企業でしたが、僕に不釣合いで、そもそも僕は企業務めが合わないタイプなんだな~と再認識しました。

とても素晴らしい会社でしたが、すごくご迷惑をかけてしまいました。

 

-日記
-, , , ,

Copyright© Bloog , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.