Bloog

色んなことの感想を書いている日記ブログです。

アニメ 感想

最後はどうなったんだろう…『ラーゼフォン(RahXephon)』の感想

投稿日:2015年5月15日

最後はどうなったんだろう…『ラーゼフォン(RahXephon)』の感想

アニメ・ラーゼフォン(RahXephon)を視聴しました。

その感想を書いていきます。

ラーゼフォンの感想

見るきっかけ・理由

ラーゼフォンは視聴自体は初めてだったのですが、昔…小学校のころ、ちょうどこのブログを始めたぐらいかな?にYahooのアニメ特集で紹介されていた無料動画で1話だけ見たことがあります。

今はネットの発達で小学生でも深夜アニメは見る人が多いけど、当時の僕はパソコンを買ったばかりで、アニメ自体もドラえもんとかクレヨンしんちゃんとかしか見ていませんでした。

なので、その独特の雰囲気…

今見ると素晴らしいと感じたオープニング、ヘミソフィアを聞いてなんだか怖くなったのを覚えています(笑)

そこから何年かして、スーパーロボット大戦MXというゲームでも触れました。

あまり話はよく理解できなかったけど、最終話の神形態のボイスが不気味だったのを覚えています(笑)

改めて見たのは、自分の中で最初に見た深夜アニメ?だったので、色々アニメを見ていくならこれからかなーということで視聴しました。

感想

『自分とはいったい何か』を訴えている作品だと自分には感じられました。

両親、家族、友達、仲間、自分…それらが何なのか葛藤する主人公の姿は共感できる人も多いと思いました。

話によって監督が代わるため、かなりちぐはぐで、それが難解なストーリーを一層難解にしている気がしました(笑)

アニメ自体を見たことが無くてもそのタイトルだけは知っていたのが『ブルーフレンド』

血の呪縛から少しずつ解き放たれた幼馴染・朝比奈浩子とホテルへ現実非行していた神名綾人。

この2人ですが、恋愛感情…というものではなく、お互いに辛すぎる現実から互いに互いを必要とする、共依存に見えました。

最後は綾人は浩子を守る!と決意して戦いに望みましたが、最後は…

ガンダムのポケットの中の戦争もなのですが、この監督さんはこういう後味悪いお話を作るのが上手いですねー。

すごく悲しい展開だけど、好きです。

そして、母親役の橋本一子さんの無機質な演技が素晴らしい!

今見ると凄い…だけど、子供の頃にこの演技を見て母親が怖くなった人もいるんじゃないかなーと思いました(笑)

最後は綾人は神?になり、調律させ全ての人物にとってのハッピーエンドを創り出したのかな?

だから遥にとってのハッピーエンド、大人となった綾人との家庭が描かれた最後だったと思います。

1回だけじゃなく、何回も見ないと分からないなーと思いました(笑)

独特な世界観に惹かれて面白かったです。

-アニメ, 感想
-, , , ,

Copyright© Bloog , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.